JUY-937
 
1773

JUY-937

都内の文芸雑誌で働く僕は、地方に住む作家さんの原稿を受け取りに波多野先輩と日帰り出張に来ていた。先輩が担当していた作家さんの引き継ぎに緊張していたが、同時に憧れの人との出張に心躍っていて…。しかしそんな気持ちも一転、明日締め切りの原稿がまだ出来ていないらしい。原稿を手にするまで帰れない僕たちは近くのホテルを探すも、繁忙期でどこも満室。ようやく見つけた空き部屋に先輩と二人きりで泊まる事になって…。
Sharing A Room On A Business Trip With My Female Boss Who I've Always Had A Crush On Yui Hatano
    HD